2013年6月 - オリジナルプリントのTシャツ.コム

サイトマップ

Tシャツ.コムのヘッダー画像

« 2013年5月

|メイン|

2013年7月»

【カムフラージュ】ここまでやるとは。


今年(2013年)4月23日付のlivedoor NEWS での配信であるため、やや古めではありますが、変わった話なので、改めて取り上げます。

1つ目は、風景に溶け込めるタイプのプリントTシャツ。

2つ目は、自販機に化けられるスカート。

実現性については、1.のプリントTシャツのほうが高い。

プリントTシャツの作り方は、背景の下絵を鉛筆で書き、それから絵をインクで描いていく方法。

通常のシルクスクリーンなどのプリント印刷では出来ませんが、手書きの絵柄Tシャツとして実用化するのは可能である。

一方、自販機に化けられるスカートの件でありますが、見た目は普通ロングスカートに見えます。

身を隠すには最高かもしれませんが、現段階での実用性は低い。

ただ、サンプルとして利用するには最適なアイテムかもしれません。

2013年6月26日

【脳梗塞】相次ぐ、著名人の発症報告。


ここ数年間は、脳梗塞による発症者が相次いでいる。

過去の発症者は、西城秀樹さん,テレビ東京の大橋未歩アナなど、多数の報告があります。

今度は、チャゲアスのASKAさんが、数週間前から体調不良を訴えたといいます。

その後の医師の診察と精密検査を受けたところ、一過性脳虚血症の疑いがあると診断を受けたとのこと。

一過性脳虚血症とは、脳にいく血液の流れが一時的に悪くなること。

放置すると、片側の手足や顔のまひなどの運動障害,しびれや感じ方が鈍くなるなどの感覚障害,ろれつが回らなかったり,言葉がでなかったりする言語障害,片方の目が見えにくくなるなど、脳卒中と似た症状が起きるが、多くは20分くらい(長くても24時間以内)で自然によくなり、症状がなくなり、元の状態に戻る現象である。

何回も発症すると、脳梗塞を起こす危険があるため、早めの治療が必要です。

ある面は、重症化を免れたといえます。

2013年6月12日

スポンサーリンク